負担の軽減

固定資産税などの負担を軽減するために、土地や建物を人に貸すことにします。そうしますと、貸した不動産からあがる地代や家賃には、所得税や住民税などがかかってきます。不動産の管理や修繕に使った費用の領収書をきちんと集めておくなど、節税の工夫がどうしても必要になってくるゆえんです。そして、いよいよ売るときですが、不動産を売り急いだり、節税の方策を誤りますと、高額の所得税がかかってしまうことになります。このように、不動産をとりまく税金は種類も多く、そのうえ、税額も大きいのです。けれども、あきらめないでください。「こんなときには税金を安くしておこう」という特例も数多く設けられていて、実際に納める税金が思いがけないほど安くなる場合も少なくありません。「ワタシは細かい計算は苦手だ」などと不精がらないで、ちょっとだけでも税金の知識を身につけておけば、あなたの出費は確実に少なくなるのです。それでは、どんなときに、どん鞍税金が、いくらぐらいかかるのか「売ると意」「買うとき」「贈与されたとき・相続したとき」「持っているとき」に分けて、ざっと概観してみることにしましょう。不動産を売ったときには、どんな税金がかかるのか土地や建物などの不動産を売るときには、”売った後に、どれくらいの税金がかかるのだろうか”と心配なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>